キャンメイクのティントでメイク崩れがなくなる

リップを塗って困ること

  • 色持ちが悪い
  • 発色が悪い・もしくは濃すぎる
  • 唇が乾燥する

人気のティントトップ3

no.1

ステックタイプのリップ

メイク売り場で販売されている一般的なリップと形が似ているティントは、持ちやすさからとても人気があります。塗る位置をすぐ決められますし、ティントが初めてという人に最適です。ステックタイプのティントのほとんどが、乾燥を防ぐ潤い成分入りなので冬場も使えます。

no.2

オイルタイプのティント

ぷるるんとした唇を作りたい人から人気なのがオイルティントです。一般のリップは時間が経つと乾燥しやすいですが、オイルティントの場合複数の美容成分が含まれているため乾燥知らずです。また、長い間潤いが続く点も選ばれる理由でしょう。

no.3

ティントパック

直接塗るステックティントに対し、ティントパックは塗って乾かしてはがす新しいタイプのティントです。色が唇へ直に写るので、半日以上は色付いた状態をキープできます。

キャンメイクのティントでメイク崩れがなくなる

化粧品

上手なティントの塗り方

基本的な使い方は、グロスを指で塗る感覚と同じです。ティントの場合べたべた感がないので、グロスが苦手な人でも気軽に使えるメイクアイテムです。重ね塗りが可能なので、グラデーションを作ってもOK。着る服に応じて色を調節できるところも使いやすくていいですよ。

色の選び方

ティントを選ぶ時は、肌の色や年代、流行りを考慮して探す必要があります。日本人だったら、黄ばみの少ないピンクがぴったりでしょう。肌色や髪の色もやや暗いので、肌の色に寄せて選ぶと失敗しません。逆に自分に合わない色をチョイスすると、老けたような印象になるので注意が必要です。キャンメイクはカラーバリエーションが豊富なので、自分にぴったりの色と出会えるでしょう。

広告募集中